風俗にハズレはないこと

ハズレのない風俗を目指して、良いお店を探したりするのだが、そんな風俗を探すために歩いているときに、学生の頃の友人に会った。
その友人も風俗にハマってるとのことで、給料日から一週間程度は風俗に入り浸りなのだとか。そのように風俗街に精通している友人に良いお店のことを聞いてみた。しかし、その友人は既に風俗の楽しみ方がワンランク上に行っており、これまでの風俗の楽しみ方が間違っていたと言い始めた。
風俗に行ってハズレだった..と言う話をする人が多すぎるが、実際のところハズレなんて存在しないと言っていた。風俗は元々どんな女の子が出てくるかのドキドキ間を楽しむ遊びであり、お店の中に入ってAKBのような女の子ばかり並んでいたら、楽しさは半減してしまうとのこと。
言っていることは分からないでもないが、久しくかわいい子に相手をしてもらっていない自分にとっては、納得しがたい話だった。ただ、参考になったのは女の子によって気持ちよい体位が絶対にあるので、それを時間内に見つける事ができるかが一つの楽しみとのこと。
自分の好きな楽しみ方をして合わなければ最悪だと思っているうちはまだまだレベルが低いということ。女の子を探すのも新発見だし、その女の子だけの最高の遊びを見つけるのも新発見ということ。これを楽しむようになれば、次の面白さが見えてくるようだ。

関連リンク

京都の風俗です:キャンキャン
大阪の風俗で楽しむなら:LINE GROUP
京都風俗情報サイトです【京風】
風俗のSEO対策をしたいなら;アダルトSEO
 
自分自身を向上させる事を自己啓発と言うそうです。元々は有料でのセミナーに代表される様に、それを専門とする人達を中心に行われていたようですが、近年は居酒屋などの飲食店でも自己啓発の要素を取り入れて従業員教育をしているそうです。
私が通っている風俗店もそうでしょうし、それ以外の店でも通常この様な教育は行われていないはずです。ネットの動画サイト等で先輩が後輩を怒鳴りつける様子を見た事がある人もいると思いますが、決して他人にオススメできる様な内容ではありません。ですがその一方で動画を見た時、恐いという気持ちと同時に面白さを感じてしまったのも事実です。
自己啓発も本気になり過ぎない程度に遊ぶ分には良さそうです。風俗店ならどんな感じになるんでしょうね。テレビで特集したら相当視聴率も稼げそうです。もっともこんな内容が放送できるはず無いのですが。
テレビが無理でもAVなら問題ありません。自己啓発を風俗嬢の教育に取り入れた店の様子を映し出すのです。店長が怒鳴り嬢が反省点を絶叫、夢を語り最終的には感動の涙。こんな展開になるでしょう。途中どんな理由でセックスさせるのかが難しく、そこはシナリオライターの腕の見せ所になりそうです。

サブコンテンツ