adult entertainment facilities

ホテヘルで当たった珍しいホテル

お尻

関西の某都市に出張に行った際に、手っ取り早くホテヘルを利用したことがあります。ホテヘル店が関西という立地のせいでしょうか。出てきてくれたホテヘル嬢は、親しみやすくって、ため口であっても、それが愛嬌と思えるぐらいに、チャーミングな感じのいい女の子でした。

けれども連れて行かれたラブホテルこと、今では「ファッションホテル」と呼ばれているホテルがものすごかったのです。ある意味思い出に残るホテルだったのですが、たまたまその部屋しか空いていなかったのか、静電気がものすごく立つ部屋に通されました。

しかも女の子と二人で入る予定だったお風呂のバスタブのお湯まで、なんとなく静電気が立っているのです。ですからもう、バッチバチの状態で、女の子の身体に触ってもバチッと音が立ちますし、そこら辺の電化製品に触ってもバチバチ言っているのですよね。なんだかもう本当にすごい静電気ホテルでした。

一緒に入ったホテヘル嬢に「このホテルっていっつもこんなんなの?」と、聞いたところ、「冬場は静電気が立つときもあるけど、ここまですごい日は珍しい」とのことでした。ですからもう、これもホテヘル同様に出張の思い出だとばかりに楽しむ方向にシフトしましたね。そして今でも記憶に残っているホテヘルの思い出になっているのですから。

京都のホテヘル情報サイト|京風

トピックス

黒い下着の女性

風俗が抱える今後の問題点

風俗は昔からなければならないものとされてきましたが、そ…

»readmore
綺麗な女性

性感エステを派遣で楽しむ

毎回風俗で遊ぶ時はデリヘルだったため、たまには他の風俗で遊びたいと考えてい…

»readmore
お尻

ホテヘルで当たった珍しいホテル

関西の某都市に出張に行った際に、手っ取り早くホテヘルを利用したことがありま…

»readmore